数学Uにおける微分単元の指導法の改善に関する研究
 
@Author Fumioki.Wada  @Version 1.00;28.Oct.2017
 高校では極限を厳密に定義できず,曖昧でわかりにくい.
 私自身は,はじめて微分と出会ったとき,極限の考え方等が納得できなかった.微分の指導改善に関する優れた先行研究がいくつかあるが,先行研究では多くの授業時数を必要とするため実施が困難である.
 以上のようなことから,微分イメージが捉えやすく,これまでの授業時間指導可能な新しい指導方法が必要であると考える.本研究の目的は,微分イメージを大切にした指導法や教材の開発である.

導数列と和の公式
 
@Author Fumioki.Wada  @Version 1.00;15.Feb.2015
 このレポートでは、高校生用の読み物として数列の新しい和の公式を紹介します。“導数列”というもの(階 差数列のようなもの)を定義し、その性質を調べます。そして、部分積分の数列バージョンとして和の公式 をつくります。

高校生のための不動点定理
 
@Author Fumioki.Wada  @Version 1.00;17.Mar.2014
 第14回北海道高等学校数学コンテストの第5問に、「縮小写像の不動点定理」を題材にした問題を出題しました。問題の背景にあるこの定理の1次元の場合を、高校生の読み物としてプリントにしましたので紹介します。十年くらい前に北海道算数数学教育会高等学校部会第59回大会で発表したものとは違った方法をとり、証明を工夫して高校生向けにしました。また,高校生が自習用としても学べるように、単に「定義」,「定理」、「証明」の羅列ではなく、例題や練習、問題も取り入れて、理解しやすいようにしたつもりです。



Copyright©1997- All Rights Reserved.
北海道算数数学教育会高等学校部会研究部