代数解析研究会のご案内

代数解析研究会 世話人 前田 勝利
(北海道札幌東陵高等学校教諭)
 北海道算数数学教育会高等学校部会(北数教高校部会)代数解析研究会は札幌市内の高校の数学の先生を中心に50年以上活動を続けています。札幌市内の高校を会場に月に1回ないし2回の例会を開いています(月末の土曜日午後が多い)。多いときで10名程度のメンバーが集まって勉強会や大学入試問題検討などを行っています。

 例年、前半は「関数解析」の勉強会や大学入試問題の検討、そして北数教全道大会(10月)での発表をはさんで、後半は北海道高等学校数学コンテスト(数学コンテスト)の企画・問題作成・採点・表彰などを行っています。

 数学コンテストは北数教高校部会が主催し、北海道教育委員会・札幌市教育委員会・北海道高等学校長協会・北海道新聞社の後援、東京書籍・北海道電力・北海道情報大学・予備校クラズユニック・IMS数学英語ゼミ・現役予備校TANJIの協賛を得て、道内の高校生の希望者対象に毎年1月中旬に参加料無料で実施しています。会場は札幌市内は主に統一会場(昨年は札幌北高校)で実施し、他の地域では参加希望者のいる学校の先生方のご好意によって各学校で実施しています。出題範囲は中学から高校一年終了までの数学の内容からですが、原則的にオリジナルの問題で特に学校数学の枠に入りきらない分野や、やや程度の高い問題も含めバラエティに富んだ問題を出題するように心がけています。数学コンテストは、HP「数学のいずみ」や月刊誌「大学への数学」にも掲載され全国的にも知られるようになりました。近年は本州の数学コンテスト実施団体や数学の先生との交流もあります。

 ただ研究会の普段の活動内容は決して堅苦しいものばかりではなく、勉強会のあとの談話の時間にはあちこちの学校の先生方が集まっていることもあり、いろいろな教材や生徒の話、数学の意外な効用の話、進路指導や学校についての内輪の話など夜の懇話会(要するに飲み会ですが)も含めて興味深く、大変参考になります。

 数学の先生であれば特に参加するための条件はありません。数学コンテストに興味をお持ちの方、高校数学に限定せず幅広く数学教育に興味をお持ちの方、受験数学だけでない数学を高校生に伝えることを考えておられる方を特に歓迎します。現メンバーも出身地や出身大学、さらには勤務校、年齢などバラエティに富んでいます。

 札幌市内の学校の先生が多いのですが、他の用事とあわせて遠方から例会に参加される方や勤務地が遠くてなかなか例会には来られなくてもメールやファックスで参加される方もいらっしゃいます。

 詳しくは、数学コンテスト事務局 
札幌白石高校 平間順宏 先生(電話011-872-2071 mathcontest.hirama@gmail.com)
または、
札幌東陵高校 前田勝利(電話 011-791-5055 victory_mya@yahoo.co.jp)
までご連絡ください。

 代数解析研究会についてQA

 代数解析研究会での勉強会について



Copyright©1997- All Rights Reserved.
北海道算数数学教育会高等学校部会研究部